青木翠:高橋歯科クリニック文京

高橋院長からの推薦

IMG_2583 i00416_cre DSC_8395_cre

私が求める歯科衛生士像とは、医療従事者として患者さんに癒しを与えられる人のことです。つまりスキルがあるにこしたことはありませんが高橋歯科クリニック文京では歯科衛生士という職のスキルよりも人間的な”ちから”をなによりも重視しています。

当クリニックの歯科衛生士青木翠はまだ若いですが歯科衛生士としてすでに一人前以上の働きをしてくれています。さらに、わたしが青木を一人の人間としてリスペクトしている理由は、青木はおばあちゃん子で道に迷う方がいれば声をかけ案内をするとても優しい女性だからです。

青木は患者さんのことを思える優しさを持っており、診療でも真摯に向き合っています。“患者さんの不安を取り除きたい“という診療姿勢を人間的に持ち合わせていたため、当クリニックのコンセプトを理解し診療に落とし込めるようになるまで時間はかかりませんでした。また、ルーペの習得など技術的な面でも向上心を高く持ち診療しているためとても成長が早く楽しみな存在です。

つまり青木は歯科衛生士として大切なものを持っており、それは“なによりも患者さんのことを考えている”ということなのです。そのことが、患者さんをお待たせないなどのクリニック全体のマネージメントにつながり、技術の向上や患者さんのことを理解しようとすることにもつながっています。

結果スタッフからの信頼も厚く、私も信頼と給与で評価しています。先ほど青木を一人前と評価しましたが若く、技術的にこれからも学ばないといけないことはあります。ただ、医療従事者としての適性はとても高いものを持っていますし、輝いています。 高橋歯科クリニック文京ではそのような個々の才能をこれからも大切にし、歯科衛生士という職に責任と共に楽しみややりがい、誇りを持てる環境つくりに更に取り組んでいきます。

高橋歯科クリニック文京

文京区千石・茗荷谷の歯科  高橋歯科クリニック文京  土日診療

高橋歯科クリニック文京オフィシャルサイト

TEL 03-6304-1118

〒112-0011
東京都文京区千石3-1-8

午前
9:30~13:00

午後
14:30~19:00

休診日:水曜・祝日

子供の頃の歯科体験

IMG_2581

私の歯科医院初体験は3歳になる前のことでした。 乳歯を抜い時に麻酔だと思いますがとても苦くて嫌だったことを覚えています。ただむし歯はなかったため怖い、痛いなどのイメージは歯医者さんにはありませんでした。私たち4人兄弟にむし歯はなく、幼い頃からお母さんが気をつけてくれていたことにとても感謝しています。

歯科衛生士になった理由

IMG_2598

おばあちゃんが入れ歯をいれたことで、食事が美味しくなりしっかり歩けるようになったと言っていたことが歯科衛生士に興 味を持った理由です。困っている人の助けとなくことができますしそして国家資格であるということにもとても魅力を感じました。

出身校での学び

老人ホームに授業の一環で行った時に、入れ歯を入れられている方の多くはお魚のフライも咬めず、中にはお味噌汁につけて食べる方もいらっしゃいました。ほぼ全ての方がお弁当を半分くらいしか食べれない中、歯が28本残っている方だけ完食されていたので、歯の大事さをあらためて理解し、より興味を持って学ぶことができました。

現在所属の医院を選んだ理由

家から通いやすいことと、お給料がよかったこと、新規開業でとてもきれいだったことにひかれました。 雰囲気が良いか、働きがい、条件を守っていただけるかなどは働いてみないとわからないことだと思いますが、院長先生ご夫婦には面接の時から明るくまっすぐな印象があり信じることができるという直感から勤務を決めました。

患者とのコミュニケーションで心がけていること

患者さんがなにを望まれているのかを察することができるよう常にアンテナは張っています。患者さんのことを理解しなくて は長く気持ちよく通っていただけることはないと思うからです。衛生士としてもっともっと成長しなくてはなりませんが、患者さんを思うことは私にもできることなので困られた時に信頼していただける努力をしています。

患者プレゼンテーションの実践方法とそのソフト

IMG_2615

手作りではありますが歯周病についてのスライドをつくりipadでご説明しています。

スキルアップのために心がけていること

院長先生にもよく言われることではありますが成長するためには多くの患者さんを継続して診ることだと思います。私がTBIやスケーリング、SRPした患者さんの歯肉がどのように変化するのかを診ていくことで今の自分になにが足りないのかをよく理解できるからです。テクニック的なことなども含め多くのことを学ぶことができます。そのためにも継続して気持ちよく来院していただける環境つくりに取り組んでいます。

道具の手入れ方法

シャープニングを行い1本1本滅菌し、患者さんのために準備しています。 現在スプラソンとグレーシー、ハンディジェットなどを用いています。ルーペを用い診療を行い歯石の取り残しなどがないよう努めていますが使いやすそうな、より確実にとれそうな超音波のチップなどがあれば院長先生にお願いしています。

3年後の自分は

医院として取り組んでいる高橋歯科クリニック文京のシステムつくりが一段落しているのかもしれません。これから仲間が増えてもお互いに切磋琢磨できる今の環境を残していきたいと思います。衛生士である前に患者さんにも同僚にも信頼を得られる人でいられたらと思います。

歯科衛生士を生涯続けますか

IMG_2586

私にとって歯科衛生士という職は患者さんが喜んでくれる瞬間のためにあります。人の助けとなれる職であれば私は他の職業でも構いませんが、頑張って歯をみがいて会いにきてくれる患者さんを思うと衛生士をやめることはできないと思います。患者さんの悩みを少しでも多く解決できるよう勉強していきたいと思います。

歯科医院に望むこと

家族や大切な友人達を呼ぶことのできる清潔なクリニックであり、そしていい治療を提供できる、患者さんにも正直なクリニックです。やはり身内に自信を持って勧められなければ寂しいですし胸を張って働くことはできません。

職場選びのポイント

衛生士という資格を生かすことのできる職場ということはもちろん大事ですが、自分の存在がみとめられる、評価してもらえるクリニックでないとモチベーションを維持できないと思います。働かれている先輩方がどのような評価を受けているのかが決めてかもしれません。

お勧め歯ブラシ

DENT EX systema44 毛先が細いですが適度なコシがありプラークをよく落とせるお気に入りの歯ブラシです。

愛読書・雑誌

”月刊 歯科衛生士”は毎月必ず読んでいます。歯周病やむし歯などのことだけではなくクリニックにどう貢献していけるのかなども勉強になります。

これからの歯科衛生士の働き方

IMG_2610

院長先生には”ずっとかわいくいろ”と言われます。その意味は歯科衛生士としてではなく一人の人間として歯科クリニックという組織の一人になれという意味だと思っています。つまり新人スタッフや助手さんの支えとなれる衛生士でいることを望まれていると思いますし頼りにされる人間でいたいと思います。